【2021年版】在宅勤務の方必見!太る原因と対策をトレーナーが解説

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

【株式会社ビグス 代表取締役 山城宏統(やましろ ひろのり)】 Workout Base BIGTHは、トレーニングにより、あなたの生活が豊かになることを目的としています。体重計に示される数字をただ追うだけでなく、見た目の変化や生活習慣病予防、ケガ後の競技復帰などをサポートいたします。筋肉を鍛えて、何歳になっても、鏡の前でうっとりしてしまう身体と、自分の事は自分でできる身体を作りましょう!

コロナウイルスの影響で在宅勤務に切り替えている方も多いのではないでしょうか。
パソコンとインターネット環境があれば、通勤時間や身支度の時間が削減できるので喜んでいる方もたくさんいます。
一方で、在宅勤務により、体重や体型の変化に悩んでいる方が増えているのも事実です。
今回は、在宅勤務中に太りやすい原因と対策を解説します。

原因①間食は危険!ダラダラ食いはやめよう

在宅勤務中、まず気を付けたいのは食事です。
会社に出勤しないということは、自分の周りに上司など他人の目がないということですよね。
普段なら仕事中にお菓子を食べない人でも、自宅ではつい何かを食べながら仕事をしてしまう可能性が高くなります。
一日に食べる量が増えたのなら、太ってしまうのは当たり前ですよね。

さらに、仕事のお供として、チョコレートやスナック菓子などを選ぶ方が多いのではないでしょうか。
仕事によって疲れた脳は、エネルギー補充のため糖分を摂取したくなるものです。
お菓子は、血糖値を急激に上げる作用があるため、一時的に眠気が覚めたり、気持ちや空腹が満たす効果があります。
しかし、急激な変化なため、上記の効果は長続きしません。
効果が切れたら眠気や空腹に襲われてまたお菓子を食べる、を継続しているうちに間食の頻度が多くなり、いつの間にか仕事中のお菓子が欠かせなくなってしまう恐れがあります。

原因②筋力低下!体重が変わらなくても安心しないで

在宅勤務でも体重が変わらない方もいるでしょう。
自宅だからと暴飲暴食などをしていなければ、体重が急増する可能性は低いと思います。
しかし、本当に出勤していたときと体は変わっていないでしょうか。

デスクワークという座ったままの仕事は、体を動かさないため筋力低下に陥りやすいと言えます。
筋力低下は、脂肪を燃焼しにくくなるため、太りやすい体に変化してしまうのです。
在宅勤務では、通勤の移動も社内の移動もなくなるので、必然的に運動量が減少します。
ここで注意したいのが、筋力低下は体重ではわからないということです。

筋肉は、脂肪よりも重いため、筋力低下が起きても体重には変化がすぐ起こりません。
しかし、徐々に脂肪を燃やしにくい体に変化するため、食事量が変わらなければ脂肪燃焼が追い付かずに体重は増加していくでしょう。

体重増加を防ぐには?在宅勤務中に体を変える方法

在宅勤務中、体重増加に悩む方は間食や運動不足に原因がある場合が多いでしょう。
しかし、おやつを我慢できない、外出を控えている、という方が急に生活を変えるのは難しいですよね。
外出する機会が減ると、他人の目を気にする必要がなくなるので、ダイエットもなかなかモチベーションを保てなくなります。
そうなる前に早めに対策を立てましょう。

高たんぱく低カロリー!間食には、あたりめ

間食は良くないと思っていても、なかなかやめられるものではありませんよね。
そこでオススメなのが、あたりめです。
あたりめは、高たんぱく低カロリーな食材のため、ダイエット中の強い味方になるでしょう。

あたりめ(20g)の栄養成分表は、下記の通りです。
・栄養 63kcal
・たんぱく質 14g
・脂質 1g
・炭水化物(糖質) 0.1g
・塩分 0.5g

あたりめは、低糖質でもあるため、血糖値の急激な上昇を防止できます。
結果、眠気や空腹を抑えることも可能なのです。
今まで毎日お菓子を食べていた人が間食を急にやめることは難しいですし、無理をするとストレスにより暴飲暴食につながる可能性が高くなります。
ぜひ今日から間食の食べ物を変えて、体重増加を食い止めましょう。

外出自粛中も安心!短時間EMS-X PROトレーニング

筋力低下を防ぐには、体を動かすしかありません。
筋肉の材料でもあるたんぱく質をたくさん食べたとしても、筋肉は動かすことでしか増加できないのです。
しかし、外出自粛している方が長時間自宅外でトレーニングはできませんよね。

在宅勤務中の運動不足解消、筋力低下を防止するためにオススメなのが、「EMS-X PRO」です。
EMS-X PROとは、Workout Base BIGTH(ワークアウトベースビグス)のトレーニングメニューです。
EMSという電気刺激を流すパッドが付いた特殊スーツを着て、有酸素運動を行うのです。

まず、私たち人間の体は、脳から流れる電気信号によって内臓や筋肉を動かしています。
通常のトレーニングであれば、鍛えたい部位を順番に時間をかけてトレーニングを行います。
しかし、EMSという電気は、鍛えたい部位に流せば筋肉が勝手に収縮してトレーニングをしてくれるのです。

EMS-X PROは、勝手に鍛えてくれるEMSという電気を全身に流した状態でトレーニングができます。
電気刺激で勝手にトレーニングをしてくれるので、ただ着て立っているだけでも筋肉を鍛えられますが、EMSと有酸素運動を組み合わせることによって効率よくトレーニングができるのです。

まとめ

在宅勤務は、食べ物が近くにあったり、すぐゴロゴロと休める環境だったりと、誘惑がたくさんある状況です。
勤務形態が変わって、体重や体型に変化が出てきてしまった人は、ぜひトレーナーと力を合わせてダイエットを成功させましょう。
「太って恥ずかしい」「久しぶりのスーツが入らない」などと不安に思うのではなく、出社時に自慢できる体を手に入れるためまずはご相談ください。

まずは一度無料体験をご利用ください
かんたん!LINE予約

PAGE TOP