トレーナー直伝!プロテインを正しく理解して味方にしましょう!

The following two tabs change content below.

岡田 渓吾

【柔道整復師・トレーナー 岡田渓吾(おかだ けいご)】 目標に近づくわくわくを感じてもらえる、楽しいボディメイクを心がけています。トレーニングや食事制限が辛くて諦めてしまった方、ぜひ一緒にリベンジしましょう!また、リハビリも提供しています。競技復帰・寝たきり防止などお任せください!

あなたはプロテインと言うものを耳にした事はありますか?最近、健康食品として認知してきたプロテインですが、そもそもプロテインって何かご存知でしょうか?

耳にしたことのある方はおそらく、プロテインといえばトレーニングをしている人のための飲み物というイメージを持っている方が多いと思いますが、実際は一般の方にも有効的なものなのです!

そのプロテインについてわかりやすく述べていきたいと思います!

プロテインとは?

そもそもプロテインとはなんのことか、あなたはご存知でしょうか。

プロテインと聞くとなんだかカッコ良くて余計に難しい印象を持ちますが、プロテインの正体はたんぱく質です。タンパク質を英語に言い換えた言葉がプロテインです。

そう考えると日常でも良く聞く言葉だと思います。

タンパク質は栄養素の中でも三大栄養素の一つに含まれています。三大栄養素は炭水化物、タンパク質、脂質の三つの栄養素のことを言い、人間の身体においてとても重要な働きをしています。

主にタンパク質は、身体を構成するのに必要な栄養素で、特にわかりやすいのが筋肉です。また、飢餓(きが)状態になるとタンパク質はエネルギーとしても活躍します。

トレーニングをする方がプロテインを飲んでいるのもこのタンパク質を多く摂取する為なのです。

普段トレーニングを行わない方が飲んではいけない物ではなく、むしろ飲んだ方がいい方もいますので、後述していきたいと思います!

プロテインの効果

プロテインの効果としてあげられるのは

・身体の成長が促される

・筋肉量が増えやすくなる

・飢餓時にエネルギーとなり生命維持をしてくれる

主にこのような効果があります。

一つ目にあげた、身体の成長が促される、というのはどういうことかというと、タンパク質は成長ホルモンの分泌を促す効果がある為、成長期のお子さんは勿論ですが、成人の方にとってもより効率的に成長ホルモンを分泌させてあげるという面で大きな効果をもたらします。
成長ホルモンは、身体を大きくするという効果以外にも、脂肪燃焼しやすい身体にする、怪我や疲労から早期に回復させる、免疫力の向上、発毛促進など意外と多くの働きをします。これだけ見ても多くの方が該当するかと思います。

二つ目の筋肉力が増えやすくなる、というのも成長ホルモンと少し重なるところもありますが、そもそも筋肉の原料はタンパク質です。材料が不足していれば増えるはずもないですよね。

三つ目の飢餓時にエネルギーとなり生命維持をしてくれるについて述べていきます。
人間には身体を動かすことや、生命維持をするために必ずエネルギーが必要です。一番初めにエネルギーになるのは炭水化物(糖質)ですが、糖質が無くなった時に2番手でエネルギーになるものがタンパク質です。ですが、タンパク質がエネルギーとして使われるときは、身体が飢餓状態であり、タンパク質をエネルギーとして使うときは筋肉を壊してエネルギーを生み出すため筋肉量が減少するため身体にとってはダメージのあるエネルギー補給と言えます。

このようにタンパク質一つとってもかなり身体にとって影響をもたらします。

プロテインを取った方がいい人

プロテインを取った方がいい方として、成長期のお子さん、トレーニングを行なっている方、怪我をして早く治したい方、疲労があまり抜けない方が該当します。

成長期のお子さんは先述したように成長ホルモンの分泌を促してくれるため、成長期のお子さんの成長促進には有効的だと思います。トレーニングを行なっている方は筋肉の材料を供給するとともにトレーニングで傷付いた身体を早期に回復させて筋肥大も促進する点で有効的だと思います。
怪我をして早く治したい方にもオススメです。怪我をした部分を治すためにタンパク質が必要になってきます。そのためタンパク質が不足していると怪我の早期回復に繋がらないため積極的に摂取してもいいと思います。タンパク質には筋肉的な疲労を回復する効果があるため、日頃から疲労が抜けきれない方はタンパク質を多く取ってみてもいいかも知れません!

どのプロテインがいいの?

今やプロテインは薬局やスーパーマーケットでも手軽に入手できます。故に、種類も多くどのプロテインがいいのかわからないという方も多いと思います。

ですが最初に買うのであれば一番安いものをおすすめします。お子さん用プロテインや各目的用のプロテインが発売されていますが主成分であるタンパク質に大きな差はないのであまり気にする必要はありません。

一番は、食事で摂取するのが好ましいのですが、実際に1日の必要量を食事で摂るのは難しいので、間食としてプロテインを飲むのも有効です!

まとめ

今回はプロテインについて述べていきました。

身近な存在になりつつあるプロテインですが、しっかりと理解した上で摂取するととても効果的なアイテムです。

意外と不足しているタンパク質を簡単に補給できるので、時間のない方にとっては時短にもなります!

当ジムでも、トレーニング前はプロテイン摂取を勧めているくらいダイエットにも筋肥大にも違いを生み出します。

是非、タンパク質を少しでも多く摂取してみてください!

まずは一度無料体験をご利用ください
かんたん!LINE予約

PAGE TOP