【トレーナー監修】20歳から体は衰える!?疲れにくい体を作る方法

The following two tabs change content below.

山城 宏統

【株式会社ビグス 代表取締役 山城宏統(やましろ ひろのり)】 Workout Base BIGTHは、トレーニングにより、あなたの生活が豊かになることを目的としています。体重計に示される数字をただ追うだけでなく、見た目の変化や生活習慣病予防、ケガ後の競技復帰などをサポートいたします。筋肉を鍛えて、何歳になっても、鏡の前でうっとりしてしまう身体と、自分の事は自分でできる身体を作りましょう!

学生の頃は、動き回っても寝てしまえば翌日には元気になっていましたよね。
30代、40代と年齢を重ねていくと「疲労が抜けない」「疲れやすい」と感じる方が増えるのではないでしょうか。
また、睡眠も体力を使うので、年々長時間眠れなくなっている方もたくさんいらっしゃいます。
もしかしたら、20代でも疲れやすい体になっている方もいるかもしれません。
何が原因で疲れやすい体になってしまうのでしょうか。
今回は、体が疲労をため込む原因と対策をお伝えします。

原因①デスクワークで血行不良を起こす人が急増

デスクワーク最近は、デスクワークにより何時間も座りっぱなしという方も多いのではないでしょうか。
コロナウイルスの感染対策により、在宅勤務の方が増えましたね。

デスクワークや通勤がなくなるなど、体を動かす機会が少ないと血行が悪くなり疲労回復が滞ってしまいます。
座っているだけなのに全身に疲労を感じるのは、全身の血行が悪く、筋肉も張ってしまっている場合が多いのです。

温泉に入ったり、マッサージを受けた後、体が軽く感じた経験はありませんか?
血行が滞り、疲労物質が全身に残ってしまっている状態から、筋肉を温めたり押されることによって血行が改善されて疲労物質を分解するため血液や水分が体を循環してくれるのです。

原因②食事の偏りによって引き起こされるビタミン不足

疲労回復には、ビタミンが欠かせません。
特にビタミンBは疲労回復に良いとされていますが、添加物の多い食事を取っているとせっかく摂取したビタミンが破壊されてしまうのです。
コンビニ弁当が多かったり、ついお菓子をつまんでしまう方は要注意ですよ。

また、ビタミンBは、単体で疲労回復を行うものではありません。
体に入ってきた栄養を効率よくエネルギーに変換するための役割を担うものなので、食事を抜いてビタミン剤だけ飲んでも意味がありません。
サプリメントを飲んでも効果を感じられない方は、まず食事をしっかり取れているかを見直す必要があります。

自炊ができない場合でも、忙しいからと食事を抜いてはいけません。
出来合いのものを食べる場合は、サプリメントに加えてビタミンを含んだ食材を摂取するように意識しましょう。

原因③運動不足や加齢により筋力低下が起こり体力が落ちている

全身の倦怠感疲れやすい原因として、体力不足が挙げられます。
人間は、20歳をピークに筋肉が1年に1%ずつ低下すると言われています。
ただ加齢により体力が落ちるのではなく、加齢とともに筋力が減っているため体力が落ちていくのです。
ご高齢の方でも毎日ウォーキングや水泳により若々しく元気な方もいれば、20代の若い方でも疲れやすいく元気のない方もいますよね。

筋力が低下している方の多くは、体を支えている筋肉が減少して姿勢が悪くなっている場合があります。
いわゆる猫背の状態になると、背中が丸まっているため呼吸が浅くなり酸素がうまく取り込めないために疲労がたまりやすい体になってしまうのです。

今日からできる!疲れにくい体になるための生活習慣

パーソナルトレーナー溜まった疲労を抜くためには、何をしたらいいのでしょうか。
今日から実践できる疲労回復のための行動をご紹介します。

湯船にしっかり浸かる

まず全身の血行を良くしてあげましょう。疲労回復にお風呂は大切です。
忙しいからとシャワーだけで済ませてしまっている方は、せめて休日だけでも湯船にしっかり浸かって疲労を抜いてあげてください。
おすすめは、37~40度のお湯に20分以上浸かることです。
少しぬるいかもしれませんが、体の芯から温めてリラックスするには、ぬるめのお湯にゆっくり浸かることが必要ですよ。

食事を抜かずに三食摂取する

疲労回復を行うためには、そのエネルギーとなる栄養素を体に取り込む必要があります。
食事を取らなければ疲労は溜まる一方です。
ビタミンが多く含まれている食品を摂取することを考えるより、まずは食事を抜いていないか、お菓子だけで済ませていないかなど食事の偏りを改善しましょう。

運動をする

全身の血行不良を改善するためにも、筋力低下を防止するためにも運動は必要です。
今まで運動習慣がなかった方は、お散歩や簡単な筋トレでもいいので、まずは体を動かす習慣をつけましょう。
デスクワーク中も体が前のめりになったままではないでしょうか。
疲れたなと感じたら、深呼吸をしてたくさん酸素を取り込んであげてくださいね。
足の指をグーパーするように曲げたり伸ばしたりするだけでも足回りの血行は改善されますよ。

トレーニングで筋力アップ!EMS-X PROで疲れにくい体作りをサポート

EMS-X PROトレーニング埼玉県にあるWorkout Base BIGTH(ワークアウトベースビグス)では、「EMS-X PROトレーニング」というメニューを提供しています。

EMSという電気刺激を流すパッドが付いた特殊スーツを着て、有酸素運動を行うトレーニング方法です。

私たち人間の体は、脳から流れる電気信号によって内蔵機能や筋肉を動かしています。
通常のトレーニングであれば、鍛えたい部位を順番に時間をかけてトレーニングを行いますが、EMSは、鍛えたい部位に流せば筋肉が勝手に収縮してトレーニングをしてくれるのです。

EMS-X PROは、勝手に鍛えてくれるEMSという電気を全身に流した状態でトレーニングができます。
電気刺激で勝手にトレーニングをしてくれるので、ただ着て立っているだけでも筋肉を鍛えられますが、EMSと有酸素運動を組み合わせることによって効率よくトレーニングができるのです。

運動する習慣がない、忙しくてトレーニングに割く時間がない方こそ、パーソナルトレーニングにより短時間で効率よくトレーニングを行って忙しい日々を楽しく過ごすための体力をつけましょう。

まとめ

体力の低下は、加齢による筋力不足が大きな原因です。
逆を言えば、トレーニングにより筋力低下を防げば、若々しく元気に過ごすことができるのです。
仕事もプライベートも元気に過ごすために、生活の中にトレーニングを取り込んでみませんか。
今の生活をもっと楽しくしたいと思った方は、ぜひ一度体験にいらしてくださいね。

まずは一度無料体験をご利用ください
かんたん!LINE予約

  1. ジム店舗紹介ビグス浦和西口店
浦和のジムでの加圧トレーニング
PAGE TOP