ダイエット成功の鍵。カロリーを消費しやすい体を作る秘訣 30キロの減量に成功したトレーナーが教えます

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

【株式会社ビグス 代表取締役 山城宏統(やましろ ひろのり)】 Workout Base BIGTHは、トレーニングにより、あなたの生活が豊かになることを目的としています。体重計に示される数字をただ追うだけでなく、見た目の変化や生活習慣病予防、ケガ後の競技復帰などをサポートいたします。筋肉を鍛えて、何歳になっても、鏡の前でうっとりしてしまう身体と、自分の事は自分でできる身体を作りましょう!

今回の記事は痩せたい方必見です。
現在も食べたいものを食べながらダイエットを継続中の130キロあった体重をわずか2ヶ月で30キロのダイエットに成功したジムの代表の山城宏統が実際2ヶ月でどうやってダイエットに成功したポイントの秘訣をお伝えします。
是非参考にしてみてください。

1、あなたが望むダイエットって?ダイエット成功したい!と思っている方はたくさんいます。

まず最初にダイエットをしてどうなりたいですか?
ダイエットで得たい結果は、体重の数字の変化ですか?見た目の変化ですか?
体重計の数字が変わるのはもちろん嬉しいのですが、そもそもダイエットしたいと思ったきっかけは見た目を変えたいからではないですか?

あなたの理想の姿があるはずです。
鏡の前に映る自分を理想の見た目に変えたいなって思うことがダイエットをやるきっかけがほとんどだと思います。

キレイになってやる!カッコよくなってやる!

そう思って始めたダイエットのはずが、たいていの方が体重計の数字ばかりを気にしてしまいます。
もちろん食事の取る量を極端に減らせば体重計の数字が減り、見た目も細くはなるでしょう。

でも、その時の鏡の前のあなたは元気そうですか?げっそりしてそうですよね。

今一度ダイエットしてどうなりたいか?

思い出しましょう!

誰でも成功するダイエット!私がサポートしますので!

ダイエットしたいのは体重計の数字の変化ではない!
体重計の数字を見るという習慣も必要だと思いますが、数字だけに捉われないでください。

目的は鏡の前のあなたがキレイにカッコよくなることです!
鏡を毎日見て見た目の変化を是非実感しましょう!

できます!

見た目の変化を楽しみながら過ごしていると、見た目が変わったなと思ったら体重計の数字が落ちてますから!

2、ダイエット成功のポイントは2つ

では絶対脱落させないために、私が実践して結果の出たダイエット法をお伝えしますよ!

ポイントは2つ
・運動
・食事
です!

なんだよ運動かよ食事制限かよって思ってますかね?

前項で述べた、体重計の数字だけを求めている方はこれ以上読む必要はありませんので、筋肉を増やして体重を落とすサプリメントを飲んでください。

ファスティングダイエット、糖質制限ダイエット、ケトジェニックダイエット、低脂質ダイエットのやり方だけ実践してください。

さ、乗り越えたあなた!もう成功への道を歩み始めています!
おめでとうございます!

私は接骨院にて治療もする人間です。
解剖学や生理学という勉強が大好きでいまだに勉強し続けています。

人体のことを学べば学ぶほど、楽しく簡単にダイエットを成功をさせるのは、筋肉の量を維持する。
場合によっては増やす。その筋肉を動かしてカロリーをより多く消費するような運動をする習慣を作ること。

そして、食事の見直し、つまり栄養素について知ってもらえれば誰でもダイエットは成功します
食事の見直しと言っても、あれ食べたらダメこれ食べたらダメというわけではありませんからね。

安心してください。

では一つずつ説明しますね。

3、運動

運動は大きく分けて
①無酸素運動
②有酸素運動
2つに分けることができます。

それぞれをダイエットに絡めて説明します。

①無酸素運動

どういう運動かと言いますと、酸素を必要としない運動です。
陸上競技で言うと短距離走です。
筋肉を強くしなやかにメリハリのある体づくりに適しています。

筋肉の細胞を増やして、繊維を増やします。筋肥大(きんひだい)と言う状態です。
ダンベルを持ったり、ベンチプレスやスクワットなどがこちらの分類になります。

筋肉が増えるので基礎代謝量が増加します。
基礎代謝量が増えるので、脂肪を燃やし続けることのできる体づくりを目指せます。

※基礎代謝量とは、1日何もしなくても消費するカロリーを表す言葉。
リバウンド防止のポイントでもあります。

当ジムでは、フリーウエイトのパーソナルトレーニングがこちらになります。

女性の方、未成年の方でムキムキになってしまうのでは?と質問を受けますが、女性の場合ホルモンの関係で男性の様にムキムキになることはありませんのでご安心ください。
未成年の方の場合は、骨が成長する点も加味したトレーニングを指導いたしますのでご安心ください。

②有酸素運動

酸素をたくさん利用する運動です。
これも陸上競技で例えるとマラソンです。

脂肪燃焼に効果的です。
正しく行うと運動するためのエネルギーを、脂肪を分解して作り出すことができます。
やり方を間違えると、脂肪を利用する前に筋肉を分解してエネルギーにしてしまうので、ただがむしゃらに長くやればいいと言うものでもありません。

当ジムでは、EMS-X PROでのパーソナルトレーニングがこちらになります。

上記2つのトレーニングを、体力や運動経験などに合わせて組み合わせていくと理想の体が手に入ります。
私は平均週2回の無酸素運動と週2回の有酸素運動を行いました。1回のトレーニングは長くて1時間です。

4、食事

次に食事です。体重が増えたり減ったりを決めているものはなんでしょうか?
脂っこいもの?糖質?

正解といえば正解なのですが、違います!!太る痩せるを決めるのはカロリーです。

基礎代謝量で利用するカロリーと活動内容によって決まる消費するカロリーの合計と1日の食事で摂取するカロリーの合計で計算できます。

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば太ります。
逆に、消費カロリーよりも摂取カロリーが下回れば痩せます。

これが基本です。
あくまで基本です。

これでは結局食べなければいいじゃないってなりますもんね。
これはこれです。
私が大切にしたのはここではありません!

私が見直したのは、3大栄養素です。
言えますか?

炭水化物(糖質)
タンパク質
脂質
の3つです。

聞いたことありますよね?

この3つのバランスを変えました。
3大栄養素という名前はこの3つは人の体にとって必要な栄養素だよってことでこの名前がついています。
ということは、極端にどれかを食べないという食生活は体に良くないんです。

今はやっているダイエットってどんなものか知っていますか?
脂肪をとらない、糖質は悪者そんなイメージですよね。

ダメですよ。どれも食べなきゃ。食べて大丈夫ですよ。

私は痩せましたから!

この3つを、どの時間にどのタイミングでどれくらいの量を摂取しなければならないという食生活に変えるんです。
摂取しなければならないんです。
食べなければならないんです。なんで食べなければいけないか?

筋肉を維持したり、増やしたりしながら、脂肪を燃やして、鏡に写るあなたの見た目を変えてから、体重計の数字を見て、減ってるって喜ぶためです!

当ジムで提供する食事指導は、食べる量が人によっては増えます。
目的や状態によっては制限する場合もありますが、極端な制限はありません。

5、最後に

ダイエットは無理するものではなく、楽しみながらおこなうものです。
最後にもう一度。
あなたにとってダイエットは、鏡に写るあなた自身がニヤけてしまう様な、見た目に変わること。

そして、それを実現するためには適切な運動と、食べながらおこなうダイエットが必要です。
最初は自分1人では難しいこともあるかもしれません。

ダイエットを確実に成功させるために、思い立った時にご相談ください。
流行りのダイエットで一時的に体重計の数字が変わっても、リバウンドしてしまった時には、身体の筋肉が減ってしまっている時です。
筋肉は短期間では増やせません。

どうかそうなる前に、ご相談を!!

ジムに来ていただければ、正しい運動と正しい食事できるまでしっかりとサポートします!

まずは一度無料体験をご利用ください
かんたん!LINE予約

PAGE TOP