過去最高の筋力トレーニングはクレアボルが必須!

The following two tabs change content below.
山城 宏統

山城 宏統

【株式会社ビグス 代表取締役 山城宏統(やましろ ひろのり)】 Workout Base BIGTHは、トレーニングにより、あなたの生活が豊かになることを目的としています。体重計に示される数字をただ追うだけでなく、見た目の変化や生活習慣病予防、ケガ後の競技復帰などをサポートいたします。筋肉を鍛えて、何歳になっても、鏡の前でうっとりしてしまう身体と、自分の事は自分でできる身体を作りましょう!

皆さんはトレーニングをする前に飲んだり食べたりするものはありますか?

多くの方はプロテインを飲んだり、甘いものを飲んだり各個人でトレーニングの集中力を高めたり、トレーニング効果を高める為の工夫をしていると思います。

色々なプロテインやトレーニング用のサプリメントが普及している現代ですが、その中でも、強い力をより長く出し続けることをサポートしてくれるハレオさんから発売しているクレアボルという商品をご紹介させて頂きます!

クレアボルトとは?
主成分のクレアチン
アルギニン
グルタミン
グリシン
クエン酸
フェチン
トレーニングとの相性
まとめ

クレアボルトとは?

クレアボルはハレオから出ているサプリメントです。プロテインとは違いたんぱく質は含まれていません。主成分はクレアチンでクレアチンの働きを助けるグルタミン、グリシン、クエン酸、フェチンが配合されています。クレアボルの主な効果としては、筋肉の出力を持続させることが主な目的となっています。筋力トレーニングの効果を最大限発揮させたい方、瞬発的な力を発揮したい方に使っていただけると思います!

禁止薬物検査機関(BSCG)の検査を受けている為、アスリートの方でも安心してお使いいただけます。

主成分のクレアチン

あなたはクレアチンという栄養をご存知でしょうか?

クレアチンが体内の肝臓や腎臓で作られる栄養でアルギニン、グリシン、メチオニンの3種類のアミノ酸(たんぱく質を細かくした物)が合体されてできるものです。

このクレアチンという栄養は生肉や魚に多く含まれていますが、アスリートの方の必要量の半分ほどしか1日に生成されません。その為、最大限のパフォーマンスを発揮したいアスリートの方はサプリメントで摂取するのが効果的だと言えます。

筋力トレーニングを行うと、ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを使用して力を発揮します。
一度、力からを発揮するとATPから三つあるリン酸から、一つリン酸が使われてADP(アデノシン二リン酸)になります。持続した力を発揮するためにはADPを再度、ATPにしてエネルギーとして使用できるようにしないといけません。
ATPに効率よく再合成する際に登場するのがクレアチンとリン酸が合体したクレアチンリン酸というものです。そのため、体内にクレアチンが不足していると効率よくATPに変換できないため運動時に最大限のパフォーマンスを見込まないのです。
ハレオのクレアボルはその不足したクレアチンに加え、合成をさらにはやめてくれる栄養素が配合されているため、もう一段階追い込めるトレーニングやパフォーマンスを発揮できます!

アルギニン

アルギニンもアミノ酸の一つで、主にエネルギーを作り出す過程で活躍します。
アルギニンはクレアチンの構成成分の一つでクレアチンの生成には必要不可欠な栄養素となっています。

成長ホルモンを分泌させることも特徴の一つで、成長期の青年層ではより効果を発揮します。

効率のいいエネルギー変換に関わることや血管の拡張機能をあるため疲労回復にも効果があります。

グルタミン

グルタミンもアミノ酸の一つで、体内の中で一番多く含まれるアミノ酸となります。

グルタミンは体内での消費量も多く、その分ストックされている量も多くなっています。
ストックさせている場所は血中や筋肉にストックされています。
グルタミンは、体調を崩した際や、筋力トレーニングをしている時、怪我をしてしまった時など、身体にストレスがかかった時に大量に消費されます。
トレーニング中も身体にストレスが加わり、大量にグルタミンが消費されます。不足したグルタミンはストックしているところから補給されますが、筋肉にもストックされているため、筋肉を壊して賄うことになります。筋力向上のために筋力トレーニングを行っているのに筋肉が減少していく、効率の悪い筋力トレーニングになってしまうのです。

その摩訶不思議な効率の割トレーニングを防ぐためにクレアボルにはグルタミンが配合されています!

グリシン

グリシンもアミノ酸の一つでこのグリシンは色々と働いてくれる、何でも屋さんです!

クレアボルに配合されている理由の一つとして、クレアチンの構成成分の一つであるためトレーニング中のクレアチンの生成に必要不可欠となっています。

クエン酸

クエン酸は、柑橘類や梅干しなどに含まれる有機化動物で筋肉の疲労回復に影響します。
筋力トレーニング時に、筋肉に過度にダメージが入ることで、クレチンキナーゼというものが血液中に放出されますが、クエン酸とたんぱく質を摂取していると、筋力トレーニングをしても血中のクレチンキナーゼの上昇を抑えることができます。

つまり、過度に筋肉を痛めるリスクを減らすことができます。

 

フェチン

フェチンは鉄結合性タンパク質の一つで、体内の鉄の調整に関わります。

鉄は栄養素の中で不足しやすい栄養素の一つで、実はエネルギーの産生に関わってきます。

筋肉にはミオグロビンという筋持久力に関わる物質があり、このミオグロビンは鉄と結合して筋肉に取り入れる為、持久力のある筋肉を作るために必要となってきます。

トレーニングとの相性

トレーニングではエネルギーを必要とし、そのエネルギーを作り出す栄養素、筋力トレーニングによって出るマイナスの反応を最小限に留める栄養素が含まれている為、色々な種類のプロテインやサプリメントを飲むことなくクレアボルだけで十分な効果を発揮できるのがメリットです。

いつものトレーニングよりの一つレベルアップした運動強度を引き出してくれるのがこのクレアボルです!

まとめ

以上が、ハレオから出ているクレアボルの説明でした。このように、一つ一つの成分まで見ていくと改めてトレーニングに必要な栄養素が含まれていることがよくわかりますね!

難しいことは考えたくない!という方にとっては、クレアボル一つあるだけでトレーニング効果はかなりの変化があると思います!

どうせやるなら最大限効果を出したいですよね!
その願望を叶えるのが、このクレアボルなのではないでしょうか。
是非お試し頂ければと思います!

かんたん!LINE予約

PAGE TOP